06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
浮気
 
妻の友達のフィリピーナで浮気している人はたくさんいると言います。
友達はもちろん日本人と結婚している人ばかりです。
子供も生まれたばかりの人から2〜3人持っている人までいます。
何故なのでしょうか?
妻と会話をしていて私自身の考えとしては次のとおりです。

【旦那が浮気性】フィリピンパブによく通っていてタレントピーナとメールや電話をしたり、名刺を持っていたりなど
【妻が夜の仕事】旦那が全く金銭面で面倒を見ない人もいて、妻が夜アルバイトでスナックやパブで働いて仕送りする。長くなるとフィリピンパブ時代のお客さんを常連客として呼んだり、客の甘い言葉に誘われてなど
【旦那が不在】旦那が仕事で忙しく週に1〜2回程しか帰ってこない人もいる。旦那とコミュニケーションがとれないなど

こういう状況から、昼間からギャンブル、浮気とやりたい放題ということになってしまうのではないか。
結果として家庭内暴力などに発展して離婚という状況になっています。

言葉や生活環境などいろんなリスクを承知のうえで結婚したのだから、もっと夫婦間のコミュニケーションをアップさせていつまでも仲良くしていただきたいと願います。
フィリピーナの印象が悪いのは、結婚相手の日本人の影響もあると思います。
もっともっと大事にしてあげてください。
 
auther:cozyx, 出会い, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
昔の恋人〜PART2
 
フィリピン・パブでスタッフとして働いていた友達が多かったので、「今日は客が少ないのでサクラで座って」「今日新しい子が入ったので来て」「今度新しい店で仕事することになったので来て」などとピーナの誘いではなく、スタッフの友達として店に顔を出すことが多かったのです。そんな中妻と出会いました。
妻とは同じアパートのメンバーと一緒によく食事したり教会に行ったりしました。
たまたま妻の携帯が壊れたため一日だけ私の携帯を貸したのです。
その日偶然にも恋人から電話があったのです。
「あなたは誰?」という問いに対して妻は「恋人だよ。あなたは誰?」と答えたらしい。
次に恋人が来たときは皆さんの想像どおりです。
その彼女から数回電話がありお店に顔を出しましたが、それっきり。・・・おわり

フィリピン人に限らず、ミャンマー、タイ、カンボジア、ネパール、韓国、中国などアジアの友達は多い方だと思います。もちろん白人、黒人の方も友達はいますが、日本とは違う物事の考え方などを語り合いながらお酒を飲むのも面白いですよ。
「こんな考え方があるんだ!」と感心することが多いし視野も広がります。
 
auther:cozyx, 出会い, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
昔の恋人
 
初めて会ったのは新宿の「○○MANILA」というフィリピン・パブでした。初めて行った時は3人だったのですが、結構客がいっぱいでやっと座れた状況でした。
居酒屋でかなり飲んでいたので、帰り際の勢いって感じで乗り込んだのですが、私自身は気が乗っていなかったのでした。
暫くして隣で暇そうに座っていた女の子に気づきました。
私が面白くなさそうな態度だったので心配して声さえかけられない状態だったようです。
目が合ってドキっとしました。私が好きなスペイン系の目。
後から聞いたのですが、客が帰ったばかりで一息ついていた時に私たちが入り、なんと私に一目惚れしたそうで店長に無理言って座ったそうです。
そういう私も彼女に一目惚れ。男女の関係になったのは2ヶ月ほど経ってからでした。
すぐに店の推薦で戻ってきたので更に6ヶ月の付合いが続きました。
店にはお金が勿体無いから来るなと言われていたのですが、時間が合わないためついつい顔を出していました。・・・・・・・つづく
 
auther:cozyx, 出会い, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
フィリピン・パブ
 
フィリピン・パブには最近行っていません。
3年前、妻の妹が小岩駅近くの「FACE(フェイス)〜魅惑の美人!フィリピーナ【特選】」っていうお店で仕事をしていて、何度か指名アップの協力のため行きましたが、それ以来どこにも行っていません。
妻の友達の話だとフィリピン人と結婚した後でも旦那が通い続けているケースが多いそうです。妻一筋の私は真面目なのです。
と言いつつフィリピン・パブのことを日記に書いているのはなぜでしょうか。

何となく懐かしい感じがして「久しぶりに行ってみようかな」なんていう考えが頭を過ぎっています。
実は妻と知り合う前までは私には恋人がいました。もちろんフィリピン人です。
その頃はその子が居た新宿のお店に通い続けていました。
休みの日は一緒に過ごしていたし結婚も前提としていましたが、結果としては妻が強引に私を奪ってしまったのです。(笑)

そんな昔の話を次回書いてみようと思っています。
 
auther:cozyx, 出会い, comments(1), trackbacks(0), - pookmark
出会いからのその後
 
フィリピンパブで働くタレントは、短期滞在を繰り返す場合と日本にずっと定住しアルバイトとして在籍する場合の2種類あります。短期滞在の場合は当初3ヶ月でお店側からみて特に問題がなければ更に3ヶ月延長が可能です。アルバイトの場合はほとんどが日本人と結婚しています。
私の妻の場合出会ってから数ヶ月後に一度本国へ戻り再入国してきたときに結婚を前提として付き合うようになりました。当然タレントですから自由な行動は限られていることから、会うだけでもかなり苦労しましたが、あるとき彼女の親とも話し合って同棲することとしました。国際結婚について何も知らない私でしたので、彼女の友達の情報フィリピン大使館入国管理局に通いながらですが、その間に滞在期限が過ぎてしまって、いわゆるオーバーステイ状態になってしまったのです。おまけに彼女が在籍していたお店もほったらかしだったため、捜索が始まっていました。
続きを読む >>
 
auther:cozyx, 出会い, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
私の妻はフィリピン人です
 
初めて出会ったのは平成10年12月28日、場所は新宿の某フィリピンパブでした。当時私は32歳、新宿区大久保のマンションに住んでいました。そこはまるで日本ではないような錯覚さえ覚える場所で、すれ違う人の80%は外国人、ほとんどが韓国の人でさすがにリトルコリアと言われるだけのことはあります。朝は8時に出勤のためJR新宿へ向かうため歌舞伎町のど真中を通り、帰りはその逆となるわけですが、会社を出るのが遅いということもあってほとんど毎日朝の5時でした。そういう大変な毎日から抜け出したいという思いでいる最中の仕事納めの日、歌舞伎町で呼込みのおじさんに誘われて入ったのが某フィリピンパブでした。
続きを読む >>
 
auther:cozyx, 出会い, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
 1/1PAGES 
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

banner_100.gif